わきががイジメの原因に?子供のわきがへの対処法について

わきががイジメの原因に?子供のわきがへの対処法について

わきがの症状は中高年の男性とか、汗っかきな成人の肥満男性に多いイメージですよね。
しかし最近はワキガの低年齢化が進んでいて、思春期以前、早ければ小学校低学年でも発症することがあります。
この原因は諸説ありますが、食生活の欧米化により発育が非常に良くなったことが挙げられます。
また欧米型の肉類中心の食事のせいで、臭い自体も強くなってきています。

 

子どものわきがによっても問題になるのはイジメです。
体臭がきついと言われる欧米人に比べ、毎日お風呂に入り清潔な日本人は体臭も薄いです。
そういった環境の中わきがの症状を発症してしまえば「臭い」という認識が強く先行してしまいます。
子供の集団なら尚更その傾向が強くなり、イジメの原因にもなります。

 

大人ならワキガの症状も知っているので、臭いと言われたら症状を改善する為に行動を起こせます。
しかし子供にはそこまでの知識はありません。
なぜ「臭い」と言われるのか理解出来ずに、「臭い」と言われることがトラウマになってしまう場合もあります。
また臭い=不潔と言う先入観がイジメの原因になることもあります。

 

子供がわきがだと分かった時にどう対処すればいいのでしょうか?
まずわきがを理解出来る年齢なら、ワキガは体質の問題で不潔だから起きるのではないことを伝えましょう。
小学校低学年だと理解できるか怪しいので、対策をしないとどうなるかを伝える形にしましょう。

 

後はデオドラント製品を持たせる、肉食中心の食生活を変えるなどの対策を取りましょう。
デオドラント製品を使う場合は肌に優しい物を選びましょう。