わきが手術 副作用

わきがの手術をするとどんな副作用があるか?

 

わきがのにおいで悩んでいる人は大勢いると言われています。手術をしてにおいのもとであるアポクリン線をとることにする人も珍しくありません。どんな治療や手術にも副作用などのデメリットがあるものですが、わきがの手術の場合はどうでしょうか。

 

アポクリン線を取り除くとそこから出るはずだった汗はなくなるわけではなく、体のほかのところから出るそうです。そのため、手術後多くの人が頭皮や顔、胸、背中など多くのところからの異常な量の汗を経験しているようです。

 

これが一つの副作用と言えるかもしれません。またわきの下のアポクリン線はなくなったものの、ほかのアポクリン線が活発になり、いやなにおいを出し始めたというケースもあります。例えば乳輪や陰部からのにおいが臭くなったという人もいます。

 

わきがの手術は失敗例も多く、まだにおいがするので再手術ということもよくあると言われています。成功しても体臭が強くなるといういやな副作用も起こり得るようです。このような副作用があるかもしれないことを考えてからわきがの手術を受けるかどうかを決めるとよいでしょう。