わきが 食事

どういった食事がわきがのにおいを強くしてしまうのか?

 

食事もわきがの大きな原因のひとつである、といわれています。遺伝的なわきが体質でない人でも、食事によっては体臭が強くなってしまうこともあります。また近年、小さい子供であってもわきがのニオイや体臭が強くなっていることの要因に、食事の変化が上げられています。

 

食事が体をつくりだしている、ということは頭では充分に理解していても、忙しくなるとついついファーストフードですませてしまったり、野菜をあまり食べなかったりということをしてしまいます。

 

動物性の食品、つまり肉類や乳製品を多く取ることはわきがのニオイを強くしてしまいます。加えて野菜不足による便秘は、腸内環境を悪化させ老廃物をきちんと排出できない状態のことです。この排出しきれなかった老廃物は、血液中に再吸収され汗や呼気として排出されます。

 

老廃物がからだ中をめぐるということは、ニオイに直結してしまいます。制汗剤や石鹸などさまざまなデオドラント用品を使っていても、ニオイが軽減されないという人は、一度食事を見直してみることが大切になるでしょう。