わきが手術 注意点

わきがの手術と注意点

 

わきがを治療するやり方としては、手術だけでなく吸引や制汗をする方法などがありますが、効果には個人差がでるようです。年齢や性別によっても違いがあるケースもあるそうです。特にボトックス法は対処療法に近く、効果は半年から1年ほどのようです。傷跡なくできる手術として紹介されることも多いですが、あくまで一時的な対策の一つです。

 

最も効果が出るのはやはり手術を行なうことですので、ほんとうにわきがを何とかしたい人は手術を考えるべきでしょう。技術と経験を有した医師に手術をしてもらえば、わきが手術に危険は少なく、また入院も必要在りません。逆に技術力が乏しい悪質な医師も極稀に存在するようですので、注意が必要です。

 

術後1〜2週間は傷口がふさがらないため、きちんとしたお手入れをしなければなりません。わきがの手術の後は医師の指示に従って生活することが大切です。アフターケアが充実している病院で手術を受ける事も視野にいれておきましょう。

 

わきがの手術後は、テーピングなどを利用することで傷口を覆っておく必要があります。わきの下を濡らさないようにするためです。抜糸が終わるまでは、できるだけ腕を上にあげるような行為は慎んだほうが無難です。

 

手術後に安静を保っていないと、傷口がいつまでたってもふさがりません。わきがの手術に関しては、可能であれば汗をかきにくい冬場のほうがいいでしょう。夏場は汗や皮脂が出やすく手術箇所に雑菌が増殖する可能性があり、注意をしておかなくてはなりません。

 

傷口に異変を感じるようであれば、すぐに手術をした病院へ行って処置をしてもらうことです。傷口が化膿すると、色素が沈着し、傷痕も残りやすくなるので、わきがの手術の後はできるだけ清潔にしておくことが大切です。こういった意味でもアフターケアの充実度は病院選択の重要な要素となるのです。

 

ただし、わきが手術は最終的な手段として考えておくのが良いでしょう。わきがが気になるからすぐに手術しようと、安易に決断すると失敗して後悔する事にもなりかねません。まずは基本的なケアから始めて、それでも周りに迷惑がかかるようであれば皮膚科やクリニックの医師に相談してみましょう。